しょういち的こころ リターンズ

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜか岡崎久彦先生はこの人が好きなようです。

<<   作成日時 : 2007/11/01 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


日本を虐げる人々―偽りの歴史で国を売る徒輩を名指しで糺す    PHP研究所 (2006-05-10出版) 

渡部 昇一・松浦 光修・八木 秀次【著】



第2章 粗雑かつ恣意的な孝証で祖国を断罪するのは誰か 

「自分の選挙区に江沢民の石碑を立てようとした二階博氏」

P58から引用いたします。


松浦 意外に思ったのは、この二階俊博氏を岡崎久彦がかなり高く評価しているらしいことです。『夕刊フジ』(H17年12月10日付)の「鈴木棟一の風雲・・・永田町」というコラムの報じるところによれば、(以下略)



八木 そのパーティーで乾杯の音頭を取ったのが岡崎久彦氏と言うわけですね。

(中略)

松浦さんが「意外に」思われたのは、コラムが報じた岡崎氏の次のようなスピーチですね。

(中略)

「もう一つ、江沢民の碑を立てる、という話がある。私は中国にきびしい姿勢のほうなので二階さんの話を聞いた。そうしたら、日本はアメリカ一辺倒でアジアで孤立している、などという小理屈を一切おっしゃらない。日中が冷えているとき北京で三千人を集めて友好大会をした。その成功は江沢民が出てくるかどうかにかかっていた。期待通り江沢民が胡錦濤を連れて出てきた。『本当にうれしかった。それに報いなきゃいけない』と。そういわれると私のような者でもひと言もない。これだけいろんな人に信用されているということは誠のある方だと思います。(以下略)


八木氏にによれば岡崎氏の祖父が和歌山出身で二階氏とその仲間が和歌山の岡崎家の墓守をしている仲だそうです。

それで、評価も甘いということですね。


人気blogランキングへ参加中 クリックお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第2話 衝撃の核密輸ルート・ドバイネットワーク
 ||| 核取引の闇ルートとドバイネットワーク |||英国エージェントが暴露する核取引の闇市場とドバイネットワーク ...続きを見る
米流時評
2007/11/03 11:16
プラダ トート
なぜか岡崎久彦先生はこの人が好きなようです。 しょういち的こころ リターンズ/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/10 01:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
岡崎久彦という方は外交官でいらっしゃる。その褒め言葉は文字通り受け取っていいものかどうか?傾向から見て、外交辞令というもので、眉唾という感じがします。それなりの底意があるのでは。
iza-ryusoo
2007/11/01 21:55
iza-ryusoo様
コメント有難うございました。

岡崎さんのスピーチは確かに「外交辞令」でしょうね。
@隼人正
2007/11/02 10:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なぜか岡崎久彦先生はこの人が好きなようです。 しょういち的こころ リターンズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる